2014年06月23日

韓国版『花ざかりの君たちへ』全然悪くないよ…韓国ドラマ恋本音日記

若者らしさが光る青春ドラマ!韓国版“花君”


韓国ドラマ『花ざかりの君たちへ』(SBS)
このドラマ、2012年の韓国放送当時は
視聴率が一桁と振るわずでしたが
実際見たら、悪くないし面白かった。

主演のSHINeeミンホやf(X)ソルリ
2人共、とても良かった。

韓国俳優イ・ヒョヌが意外にも
コミカルな演技で笑わせてくれた。

日本の人気漫画が原作。
思春期の高校生、花ざかりの君たちの
青春ストーリーなのさ…

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ blogram投票ボタン
 

22日、ミンホのこんな記事が出ていました

images.jpg2.jpgm.jpg40.jpg

アイドルグループSHINeeのミンホが
メキシコの雑誌が選定した
「サッカーの上手いホットスター」に選ばれた。


最近発売されたメキシコのある雑誌では、
FIFAワールドカップ2014ブラジル大会の
開幕を記念し、全世界のスターを対象に
仮想のサッカーチームを作った。

計11人のメンバーの中、
SHINeeのミンホが3番目に選ばれた。

記事ではミンホについて
「女性の心を虜にする魅力をすべて持っている。
天使のような顔、少年のような笑顔で
愛の歌を歌う最高の男」と評価している。

ミンホはサッカー選手出身で現在は監督を務める
チェ・ユンギョムさんの息子であり、
歌手デビュー後抜群の運動の実力を誇ってきた。

特にKBS 2TV「ホドンの芸・体・能〜めざせ!
ご当地スポーツ王」のサッカー編に
メンバー入りし、印象的な活躍を繰り広げている。
(引用元 Kstyle)


ミンホの身体能力の高さは有名。
やはり、サッカーも並ではなかったのね

K-POPアイドル大運動会での
ミンホの活躍は毎回目立っていた。
実は、私がミンホの存在を認識したのは
なんと、ステージじゃなくて運動会でした

ミンホの印象は、スポーツ万能な好青年!
まさに、そんな感じ。

花君の話に戻りましょうかね…
2012年8月15日に放送を開始した花君(全16話)。
韓国での視聴率低迷の要因を
いくつか考えてみた。

@
韓国で花君が放送をスタートした当時
すでに物語が佳境を迎えていた
韓国ドラマ『カクシタル』(KBS)は
20%台に届く勢い。

A
初回放送が同時スタートの韓国ドラマ
イ・ジュンギ&シン・ミナ主演
『アラン使道伝』(MBC)は13.3%
花君の7.3%に大きく差をつけた。

イ・ジュンギの除隊後復帰作品だし
当時流行のファンタジードラマは強かった?

B
すでに台湾や日本でドラマ化され
ストーリーなど広く知られている。
何らかの先入観が影響した?

C
『カクシタル』放送終了後の9月初旬より
韓国ドラマ『優しい男』(KBS)が参戦。
主演は、ソン・ジュンギとムン・チェウォン。
絶好調の若手人気俳優2人。
放送開始間もなく『アラン使道伝』を抜いて
あっという間に首位に躍り出ちゃいます。

この結果、アランも花君も共に
視聴率はみるみる下降線

関連過去記事(2014.6.22)
ソン・ジュンキの所属部隊で銃乱射5人死亡…韓国芸能界の事件

まあ、こんな感じでタイミングもあったのかな。
あと、個人的に思うには…
演技経験の浅い、人気アイドルが主役。
作品に対する誤解があったのかな…って。

韓国ドラマ『イタズラなKiss』(2010年MBC)も
視聴率低かったね…面白かったのに。
そう考えると…
『花より男子』(2009年KBS)の大ヒットは異例?

当時、アイドル集団出演番組に対する
否定的な記事もあったしね。

はっきり言うと…
軽い作品にみられたんじゃないかと思う。

確かに、重くはないよ。
でも、素敵なドラマだった…私は好き
青春時代を思い出させてくれる
純粋さや夢が描かれていた。

OSTもすごく良くて、映像も綺麗。
OSTには、SHINeeのオンユやテミン
少女時代のジェシカやティファニーらが参加。
さすが、SMエンタ制作ドラマね。

ミンホは、持ち前の身体能力を活かして
高跳び選手役を熱演している。

ミンホもソルリもヒョヌも
初々しくてみんな可愛いし健康的で清々しい。
た〜くさん笑って楽しめる。
青春ドラマなんだからこれで良し


関連過去記事(2014.4.11)
『会いたい(ポゴシッタ)』見ています…韓国ドラマ恋日記
【韓国ドラマ恋の本音日記】 記事一覧へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ blogram投票ボタン
韓国ドラマに恋するblogトップへ


posted by ソラ | 本音日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。