2014年05月18日

色を描く監督キム・デウとソン・スンホンの出会い…韓国映画『人間中毒』

韓国観客動員、連日1位のソン・スンホン主演映画『人間中毒』…


韓国俳優ソン・スンホン主演
韓国映画人間中毒』が
今月14日より韓国で公開され好評だ。

韓国で最も美しく色を描くとされる
キム・デウ監督が手掛ける『人間中毒』は
青少年観覧不可等級の指定を受けるも
公開初日より連日興行成績1位を記録。

キム・デウ監督と出会った
清浄なイメージの俳優、ソン・スンホン
新境地を開いた作品として公開前より話題だ…

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ blogram投票ボタン 


映画『人間中毒』が3日連続で
ボックスオフィス1位を記録した。

映画振興委員会が17日に
明らかにしたところによると、
映画館入場券統合電算網の集計で
『人間中毒』(キム・テウ監督)は
16日だけで12万6446人の観客を動員した。

公開からの累積観客は32万7839人で、
14日からボックスオフィス1位を守った。

14日に公開された『人間中毒』は
初日に9万人に迫る観客を集めた。

『逆鱗』『標的』など既存上映作を押さえ
ボックスオフィス1位でスタートを切った。

公開翌日の15日には10万人余り、
16日には12万人余りを集め、
3日連続でボックスオフィストップを守った。

『人間中毒』はベトナム戦争が終結へと
向かっていた1969年、
厳格な階級秩序と上下関係で結ばれた
軍官舎中で繰り広げられる

キム・ジンピョン(ソン・スンホン)と
チョン・ガフン(イム・ジヨン)の
秘密の愛を描いた。
(引用元 Joong-ang Daily News)

関連過去記事(2014.4.21)
韓国芸能界に広がる支援の輪…ソン・スンホン、オン・ジュワン

キム・デウ監督といえば…
ペ・ヨンジュンが2003年に主演を務めた
韓国映画『スキャンダル』で
脚本を手掛けています。

監督デビューは、韓国映画『恋の罠』(2006年)。
主演は、ハン・ソッキュとキム・ミンジョン。

この作品で監督と脚本を手掛けたキム・デウは
第42回百想芸術大賞で映画新人監督賞、
第26回韓国映画評論家協会賞では
脚本、監督新人賞を受賞している。

他には…
韓国映画『春香秘伝:The Servant』(2010年)
主演、キム・ジュヒョク、チョ・ヨジン。
女優のチョ・ヨジンの大胆露出が
当時、大変話題になった記憶があります。

キム・デウが手掛ける映画は
ご覧のとおり、R18級のものばかり…

永遠の好青年俳優ソン・スンホンが
キム・デウの映画に出演?

デビュー当時より一度も演じたことのない
情事シーンに初めて挑戦したことが
公開前より大きな話題に…
本当、男優なのに女優並みに騒がれていましが…

個人的には、男なんだから必要以上に
騒がないでくれと記事を見る度思いました😃

でもね…
あの美しい男、ソン・スンホンだから
騒がれるのも無理ないよね。
予告動画?をいくつか見てみたけど…やはりね
(これがジソブならショックで倒れるよ私。)

個人的には、あまりこの類の映画は好まない。
ただ、ソン・スンホンは好きなので
よい作品であることを願います。

韓国映画『人間中毒』は
1968年、ベトナム戦争が終盤に差し掛かった時期
厳しい位階秩序と上下関係で結ばれた軍官舎内で
繰り広げられる男女の衝撃的なロマンスを描く。

ソン・スンホンは、インタビューで
次のように話しています。

「ジンピョン役を演じてみて、
今後の役者人生において何か大きな荷物を
下ろしたような気持ちだ。
今回の作品を通じて自信がついたのが
一番大きな資産だと思う」
(引用元 Kstyle)


【韓国俳優 ソン・スンホン】 記事一覧へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ blogram投票ボタン
韓国ドラマに恋するblogトップへ


posted by ソラ | 韓国俳優 ソン・スンホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。