2012年07月15日

視聴率最下位から一転トップ争いへ!ソ・ジソブ主演新韓国ドラマ『幽霊』

視聴率最下位から急伸する韓国ドラマは期待できる!


韓国の人気俳優、ソ・ジソブ
主演を務める韓国ドラマ
その実力を発揮している。

5月30日に一斉スタートした水木ドラマは3作品。
唯一、1桁台を記録し最下位でスタートした
ソ・ジソブ主演韓国ドラマ幽霊』。

しかし、『幽霊』は回を重ねるごとに視聴率が上昇。
現在、スタート時より首位を固守する
チュウォン主演『カクシタル』に迫る勢いで
堂々首位争いをしている…

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ blogram投票ボタン 




今月12日放送の第14話では
首位の『カクシタル』16.3%、『幽霊』14.2%を記録。
(AGBニールセンメディアリサーチ調べ)
両ドラマ共に、自己最高視聴率でした。
もう一つのドラマ、キム・ソナ主演『I do I do』は8.9%。

前日、11日放送の第13話では
『カクシタル』の14.4%に対し
『幽霊』は13.3%と猛追撃をかけています。

ちなみに、5月30日の初回放送の視聴率は次の通り。
『カクシタル』12.7%→ 現在16.3%
『I do I do』10.5%→ 現在8.9%
『幽霊』7.6%→ 現在14.2%


『カクシタル』-『幽霊』、一緒に自己最高視聴率…
水木ドラマ争い“興味津々”


『カクシタル』と『幽霊』の水木ドラマ争いが、
ますます興味深くなっている。

(中略)
チュウォン-チン・セヨン-パク・キウンなど、
青春スターが布陣された『カクシタル』は、
当初の予想を上回り、ソ・ジソブ、キム・ソナなど
トップスターが主役を演じた『幽霊』、『I do I do』を
全て抜き、水木ドラマ1位をずっと走っている。

しかし、『幽霊』の追撃はやはり侮れない。
『幽霊』は、キム・ウニ作家特有の反転ストーリーと、
ソ・ジソブ、クァク・トウォンなど俳優陣の好演で、
視聴者の注目を集めてている。

特に、キム・ウニ作家とキム・ヒョンシクPDの前作
『サイン』もやはり視聴率最下位から視聴率1位で
有終の美を飾ったのを考えれば、
『幽霊』の逆転劇も期待に値する。

水木ドラマの王座をめぐる
『カクシタル』と『幽霊』の興味深い争いの中で、
最後に笑うのは誰なのかに期待が集まっている
(引用元 Innolife.net)

関連過去記事(2009.4.27)
韓国俳優ソ・ジソブの底力!最後まで視聴率1位の座を守り抜いた復讐劇【カインとアベル】への想いを語る…

個人的に、韓国ドラマの視聴率については
常日頃より慎重に扱いたいと思っています。
今回は、特に視聴率の変化に注目しました。

これまでの記憶では、記事にもあるように
視聴率最下位スタートしたにも拘らず
首位で有終の美を飾る…そんなケースもあるんですね。

記憶に新しいのは、オム・テウン主演
韓国ドラマ『赤道の男』ですかね。
関連過去記事(2012.3.23)
ハ・ジウォン&イ・スンギ視聴率1位発進!新水木韓国ドラマはどれも高評価の熾烈な争いに…

個人的に、視聴率が急伸するドラマへの
期待度はかなり高いです。
要は、伸び率に注目している訳ですが…
『幽霊』は初回視聴率の倍近い記録を現在も更新中。
(それって、チョットスゴクナイカイ…)

首位を固守しながら、ジワジワ上昇している
『カクシタル』も確かに気になりますが…
水木ドラマ、今後も注目していきましょう。

韓国ドラマ『カインとアベル』以来
約3年振りのソ・ジソブ主演韓国ドラマ『幽霊』
大好きなジソブの嬉しいニュースに
顔がニンマリしてしまい隠しきれな〜い
わーい(嬉しい顔)

関連過去記事(2011.11.20)
韓国ドラマ恋日記、昨夜ジソブの夢を見た…
51k韓国サイト⇒http://www.51k.co.kr/#/51k

韓国映画『ただ君だけ』
韓国ドラマ『ロード・ナンバーワン』関連記事へ
韓国ドラマ『カインとアベル』関連記事へ
ソ・ジソブ関連記事へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
blogram投票ボタン
韓国ドラマに恋するblogトップへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。