2012年03月20日

JYJ事務所が罵声音声を追加公開したメディアを告訴へ

JYJメンバーの罵声暴行音声流出の波紋…


先日から韓国で騒動になっている
JYJ一部メンバーの罵声音声流出問題。

20日、追加音声が公開されたことを受け
JYJ事務所が法的対応に出た。

2009年当時、私生ファン(熱狂的追っかけ)に対し
JYJ一部メンバーが罵声を浴びせ
暴行したとされる音声ファイルが
韓国の一部インターネットメディアによって
実名と共に公開され騒動になっている。

これについて、今月9日には
JYJのジェジュン、ジュンス、ユチョンの3人が
滞在先のチリで緊急謝罪会見を開いている。

謝罪会見後には、私生ファンから受けた
信じ難い迷惑行為による長年の苦痛を吐露し
さらに注目を集めていた…
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ


JYJ事務所、「罵声」報じたメディアをきょう告訴

一部メディアは20日、人気グループJYJのメンバーが、
アイドルなどの私生活を昼夜問わず追いかける
ストーカー的な「私生ファン」(日本では一部で「
ヤラカシ」などと呼ばれているファン)に罵声を浴びせ、
暴力を振るったとして、音声ファイルを追加公開した。

これを受け、JYJの所属事務所C-JeSエンターテインメントは、
こうした報道をしたメディアに対し法的な対応を取ることを発表した。

同事務所は20日午前、正式な報道資料を配布し
「誰も望んでいない、ただひたすらJYJのメンバーを
攻撃するための悪意ある記事だと考えている」と強く抗議した。
(Chosun Onlineより抜粋)



問題の音声ですが、韓国語の微妙なニュアンスは
掴みにくいものの、少々驚きました。
悪意的に編集された部分があるとの主張もあるようなので
何とも言えませんが…

どうしてなんだろう…という疑問が…
自分を応援してくれるファンに対してというよりも
明らかに、攻撃してくる敵から身を守りたい一心
という印象を強く受けたからです。

確かに、暴言や暴力は許されないことです。
若い彼らだって理解しているに違いありません。
ましてや、自分たちを応援してくれるファンに対して
そんな行為は、普通に考えてあり得ないこと。

彼(彼ら)を追い詰めたものとは…
彼らが言う苦痛とは、経験者にしか分からない
人間の限界値を意味するほど深いものかもしれない。


確かに、今月9日に行われた会見の中で
JYJは、ファンから受けた迷惑行為の数々を
赤裸々に告白しています。

ある日、宿泊先に侵入され、下着を盗まれた。
その下着を身に着けたファンがその画像を
ショートメールで送りつけてきた…と。
他にも、信じられないような話ばかりでしたね。

昔、彼らが東方神起時代、今回の件以外にも
空港でファンのカメラを取り上げて揉めたとか
いろいろ流出してましたよね。

実は、その頃から不思議ではありました。
何がそこまで彼らを怒らせたのかと…
何か原因があるのでは…と。

調べてみると、タクシーなどをチャーターして
どこまでも、猛スピードで追っかけて
プライベートであろうが何であろうが四六時中
東方神起に付きまとう熱狂的なファンが
当時の韓国には存在したようですね。

そのようなファンを韓国では一般的に
サセンとか私生ファンとか呼んでいるようです。
現在も存在するのか分かりませんが…

日本はどうですかね…
昔のジャニーズ全盛期?は怪しいけど
最近はそんな話聞かなくなりましたしね。
ある程度の秩序は守られていると信じます。

JYJ、今回の問題も複雑ですね…
本日、JYJ側は一部メディアを名誉棄毀損で告訴。
今後の展開を見守りたいと思います。


【K-POP 東方神起 JYJ】 記事一覧へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
blogram投票ボタン
韓国ドラマに恋するblogトップへ


タグ:JYJ
posted by ソラ | K-POP 東方神起 JYJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。