2011年06月03日

BIGBANGのD-LITE事故後家族とも会わず…YG代表ブログで明かす

D-LITE心の傷深く…2日、所属事務所が公式見解


韓国の人気グループ歌手BIGBANGメンバー
D-LITE(本名カン・デソン)さんが
5月31日未明にソウル市内で起こした複雑な人身事故。

韓国では、多くの芸能関係者やファンに衝撃が走った。
同様に、日本にも多くのファンを持つBIGBANG
このニュースは、すでに日本のマスコミにも
大きく取り上げられ報道されている。

D-LITE所属事務所のYGエンターテーメント
ヤン・ヒョンソク代表が公式プログを通じて
傷心の日々を送るデソンさんの様子を明かした…

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ 



本当に、何と言ってよいか…
考えれば考えるほど
言葉が見つからない…悲しい事故。

勿論、お亡くなりになったバイク運転手の方が
一番お気の毒なのには違いありませんが…

韓国内外のD-LITE(BIGBANG)ファンの方々は
どれほど心配されている事でしょう。
いえ、韓国ドラマ(K-POP)ファンなら
皆さんきっと心配しているに違いありませんね。

日本での活動名をD-LITE、韓国活動名をテソン
人気歌手グループBIGBANGのメンバーとして
活躍しているカン・デソンさん。


愛嬌のある表情が印象的で、どこか憎めない彼。
物腰柔らかで優しい性格。
トークもおもしろく、才能豊か。
ムードメーカー的存在で愛されています。

2日、所属事務所YGエンターテーメントの
ヤン・ヒョンソク代表が公式ブログを通じて
初めて今回の事故について公式見解を示しました。

ヤン代表は、故人の冥福を祈る言葉を述べた後に
事故後、家族との面会をも拒み、部屋に独りいる
デソンさんが抱える悲しみの大きさを代弁しました。

事故後、デソンさんが号泣した事や
現在、自らの過失の有無に執われる事なく
故人への悲しみにのみに打ちひしがれ
苦しんでいると話しています。

そして、警察の捜査結果と処分に対して
誠実に従うだろう…と。

又、ヤン代表は、デソンさんのいる宿舎を訪ね
決して慰めではなく率直に正直な気持ちで
次のような言葉を掛けたといいます。

『もし私が事故に遭遇していても、避けることは難しかった。』
(引用元 WoW!Korea)



5月31日午前1時半頃、ソウル市漢江に架かる楊花大橋を
走行中だったカン・デソンさん(22)の乗用車が
バイクを運転中に何らかの事情で
車道に倒れていた男性(30)をひいた後
現場に緊急停車していたタクシーに追突。

デソンさんは、道路交通法違反で
不拘束のまま立件されました。

警察が現場に到着した時、すでにバイク男性は死亡。
タクシー運転手の証言及びタクシー記録映像より
バイク男性は、デソンさんの車にひかれる前に
車道に倒れていた事が判明している。

デソンさんは、人が倒れている事には気付かず
何かにぶつかったような感じがして
慌ててブレーキを踏んだが間に合わなかった
60q制限のところ、80qくらいで走行していたと供述。

事故後、約5時間の事情聴取に応じている。
飲酒や居眠り運転ではなかった。

焦点は、バイク男性がデソンさんの車にひかれて
死亡したのかという点。

デソンさんの車にひかれる前に死亡していた可能性もあり
警察は、防犯カメラなどでバイクの動きなどを追跡すると共に
現在、国立科学捜査研究院に司法解剖を依頼。
結果が注目されている。


3日付の朝鮮日報で…
2日、デソンさんがマネージャーと共に
事故で死亡したバイク運転手の焼香所を訪れ
故人の冥福を祈り、遺族に対しても
お悔みの言葉を伝えたと報じています。


2009年の事故を思い出しました。
関連過去記事(2009.8.13)
BIG BANGのD-LITE角膜も負傷全治8週間に修正される…

以前、デュエット曲をリリースした
韓国の人気女性歌手、イ・ヒョリも
『責任感の強い、いつも優しいテソン…』と
彼の様子を心配するコメントを出していますね。


イ・ヒョリの4thアルバム“H-Logic”に参加したD-LITE。
2010年当時、2人のデュエット曲
『How did we get』『ブランコ』は
いずれもチャートを席巻しました。



【送料無料】K-POPがアジアを制覇する

いつも応援ありがとうございますハートたち(複数ハート)
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ
韓国ドラマに恋するblogトップへ


posted by ソラ | K-POP  BIG BANG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。