2011年05月29日

韓国ドラマ『復活』は期待以上のおもしろさ!オム・テウォン、ハン・ジミン

視聴者も絶賛したオム・テウン一人二役の演技が光る傑作!


韓国ドラマ復活』(2005年KBS)全24話
出演 オム・テウン、ハン・ジミンソ・イヒョン、他
演出 パク・チャンホン、チョン・チャングン
脚本 キム・ジウ(魔王、あの青い草原上に、他)

韓国ドラマ復活』ファン(復活マニア)は
日本でも多い事でしょう。

このドラマ、本当におもしろいですよexclamation×2
一瞬たりとも目が離せない展開の速さと緊張感。
推理ドラマであり、ラブストーリーとも言える…
まさに、トレンディドラマとは一線を画した異色のドラマ!
それが韓国ドラマ復活』なのです…

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ


オム・テウンのせつない表情がたまらない…



『復活』の脚本家であるキム・ジウは
2008年、ネットユーザーが選ぶ“最高の作家”に
選ばれるほど韓国で支持されているんですよね。
復活の後に書き下ろした韓国ドラマ『魔王』(2007年KBS)は
日本でもリメイクされました。


ちなみに、『魔王』の主演には、チュ・ジフンと共に
オム・テウンが起用されています。

『復活』が韓国で放送されたのは2005年。
当時、キム・ソナ&ヒョンビン主演の大ヒットドラマ
『私の名前はキム・サムスン』(MBC)の勢いに押されながらも
多くの視聴者から支持された韓国ドラマです。
キムサムスン放送終了後は、最終話が視聴率20%を超えています。

実は、このドラマは随分後になってから見たんです。
当時の理由としては、復讐劇と聞いて
勝手に重苦しい印象を持ってしまったんです。
ところがところが、見始めたらもう夢中になってしまって(笑)
損した、もっと早く見ておけばよかった〜とね。



ドラマのストーリーをかなり無理して簡潔にお話すると…

事故で父親を亡くし、さらには自らの記憶まで失った少年は
全くの別人、ソ・ハウン(オム・テウン)として生きていく。
大人へと成長したハウンは、奇しくも実父と同じ熱血刑事となった。

ある事件を捜査中、思いがけず自分の家族の真実を知る。
壮絶な復讐劇を描く裏側で、主人公本来の心の優しさ、
恋心、家族への愛情、友情を繊細に描いています。


特に、恋人ウナ(ハン・ジミン)へのせつない想いや
深い愛情を少年のような表情で演じるオム・テウンは
本当に魅力的でした。

個人的に、ウナを想う時のハウンの表情がとても好きで…
一番印象に残っている忘れられないシーンは
お酒に酔って、ウナを思わず抱きしめるシーン。
ストーリーを知る人にしか分からないせつないシーンです。




又、一人二役を見事に演じた韓国俳優オム・テウンは
多くの視聴者から高い評価を得ました。
主人公の人格をも一変させてしまうほどの
予期せぬ壮絶なストーリー展開。
一人三役という称賛の声も上がったほどでした。

『復活』での演技が、オム・テウンの俳優としての地位を
確立させたと言っても過言ではないでしょう。
そう、トップスターの仲間入りを完璧に果たしたのでした。
この作品で、オム・テウンは
2005年KBS演技大賞 優秀男優演技賞を受賞しています。


韓国映画『あきれた男たち』(1997年)でスクリーンデビュー。
TV初出演は、韓国ドラマ『怒りの顔で振り返れ』(KBS2000年)。
その後も、多くの作品に出演したオム・テウン。

転機は、2005年にKBS制作の高視聴率ドラマ
『怪傑春香』(かいけつチュンヒャン)のビョン・ハクド役。
役柄てしては、ヒロイン(ハン・チェヨン)に恋をして
彼女の気を引くために、汚い手を使い嫉妬に狂う役でした。

業界最安値オム・テウン、ジュヒ 主演 高視聴率韓流ドラマ「怪傑春香 」中古DVD全8巻


それでも、ラストは良い人で幕を閉じたので
それも好感度アップさせた要因かな?
オム・テウンの存在感は抜群で、この作品でブレイクむかっ(怒り)
当時、同ドラマが生み出した最高のスターとも囁かれました。

個人的にも、オム・テウンを初めて知った作品。
好きな俳優ですね。
関連過去記事(2009.12.25)
ラブコメの神髄!韓国ドラマ【怪傑春香】はクリスマスにおすすめしたい純愛物語

又、ご存知の方も多いでしょうが
彼は、韓国の歌手で女優のオム・ジョンファの実弟です。


名実共にトップ俳優へと成長したオム・テウンが
以前のように、オム・ジョンファの弟と呼ばれ
もてはやされる事はなくなりました。

そういえば、2009年には、MBC制作ドラマ『善徳女王』に
女王を見守り続ける花郎、キム・ユシン役で出演。
姉がヒロインを務めるKBSドラマ『結婚できない男』が
同時間帯放送という事で姉弟対決が話題になりました。

ちなみに、『善徳女王』でオム・テウンは
2009年MBC演技大賞 最優秀男優賞という大きな賞を受賞。
(テレビドラマでは、復活以来の受賞。)

 

話を『復活』に戻しましょう。
『復活』のヒロイン演じるハン・ジミンについて…
彼女の澄んだ瞳は、やはりこの作品でも際立っています。
彼女ならではの聡明さが役柄にピッタリでした。

他、主要キャストは、ソ・イヒョン、コ・ジュウォン。
このドラマ、名脇役たちの存在を抜きには語れません。
ハウンの母親役のソヌ・ウンスクをはじめ、カン・シニル
イ・ギョンギル、キム・ガブス、キム・ギュチョルなど
演技派俳優たちが脇を固めています。

又、個人的にすごく気になった俳優が1人…
劇団俳優出身のキム・ユンソクです。
ハウンの復讐に黙って手を貸す寡黙な人物
チョン・ゴンミョン役を演じた彼は
劇中、ただならぬ存在感を放っています。


脇役のイメージが強い彼ですが、主演を務めた
韓国映画『チェイサー』(原題「追撃者」)では
2008年、韓国で513万人を動員する大ヒットを記録。
2009年には、日本でも封切られ話題になっています。

大鐘(テジョン)賞、大韓民国映画大賞など
韓国の権威ある映画祭で、最優秀作品賞、監督賞
主演男優賞など数々の部門を総なめにしました。

飽きのこない斬新なストーリーに加え
名優たちの存在なくしては語れない傑作。

韓国ドラマファンが一番好きな作品として
挙げる事の多い、韓国ドラマ『復活』。
間違いなく期待以上の作品、おすすめです。

いつも応援ありがとうございますハートたち(複数ハート)
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ

韓国ドラマに恋するblogトップへ


posted by ソラ | おすすめ韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。