2010年11月27日

ウォンビン主演男優賞逃す!第31回青龍映画賞授与賞式

ウォンビン、人気スター賞&最多観客動員賞を受賞


26日、ソウル市内の国立劇場ヘオルム劇場で
第31回青龍映画賞授賞式が行われた。

今年公開された韓国映画の中で
最高の興行成績を記録した
ウォンビン主演、映画『アジョシ(おじさん)』

青龍賞と並ぶ権威ある大祭、第47回大鐘賞
さらには、第8回大韓民国映画大賞と
合わせて2度の主演男優賞に輝いているウォンビン

当然の事ながら期待された、第31回青龍賞だが
残念ながら、主演男優賞受賞を逃した。
果たして、ウォンビンを差し置いて
主演男優賞に輝いたのは一体誰なのか…

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ 





第31回青龍映画賞、主演男優賞に輝いたのは
韓国映画『苔(こけ)』のチョン・ジェヨンでした。

同賞にノミネートされていたのは、ウォンビンほか
カン・ドンウォン(義兄弟)、イ・ビョンホン(悪魔を見た)
パク・ヒスン(裸足の夢)という、そうそうたる顔ぶれ。

韓国映画『苔』は、2009年に
3600万件ものアクセスを記録した
人気インターネット連載漫画『苔』を映画化したもの。

 

同作品で、実年齢40歳のチョン・ジェヨンは
40代から70代までの広範囲な年齢層を
そのカリスマ性で(悪役を)熱演し話題になりました。
実力派、映画俳優のチョン・ジェヨン。

韓国映画『苔』は、主演男優賞のほかにも
監督賞(カン・ウソク)と助演男優賞と
3冠に輝きました。

又、青龍映画祭の最高栄誉となる
作品賞を受賞したのはカン・ドンウォン主演映画
『義兄弟 SECRET REUNION』でした。
同作品が作品賞を受賞したのはこれが初めて。

第31回青龍映画賞 受賞者

主演女優賞 ユン・ジョンヒ(詩)とスエ(深夜のFM)
(青龍賞では異例!主演女優賞のダブル受賞)

助演男優賞 ユ・ヘジン(苔)
助演女優賞 ユン・ヨジョン(詩)

新人男優賞 BIGBANGのT.O.P(砲火の中へ)
新人女優賞 イ・ミンジョン(シラノ・エージェンシー)

脚本賞 キム・ヒョンソク(シラノ・エージェンシー)

人気スター賞 ウォンビン、チェ・スンヒョン
          チョ・ヨンジョン、イン・イェジン

最多観客動員賞 ウォンビン主演『アジョシ(おじさん)』


 
関連過去記事(2010.11.19)
ウォンビン2度目の主演男優賞に男泣き!第8回大韓民国映画大賞授賞式

第31回青龍映画祭授賞式

いつも応援ありがとうございますハートたち(複数ハート)
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ
韓国ドラマに恋するblogトップへ