2010年05月24日

イ・ミンホ&ソン・イェジン『個人の趣向』低視聴率のまま幕〜韓国ドラマ『検事プリンセス』と終盤視聴率2位争いで大接戦!

韓国ドラマ『個人の趣向』と『検事プリンセス』気になる最終話視聴率


女優三つ巴の争いで注目されていた
水木韓国ドラマ3作品の内
シンデレラのお姉さん』を残して
個人の趣向』と『検事プリンセス』が
先週、一足早く最終話を迎えました。

終盤、首位『シンデレラのお姉さん』に続く
個人の趣向と検事プリンセスの2位争いが激化。
最終話で個人の趣向が検事プリンセスから
2位奪還できるかに注目が集まりました…

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ


ユンナ、キムテウ、4Minute他豪華アーティスト参加【韓国ドラマ】ソン・イェジン、イ・ミンホ「... 


3月31日に同時スタートした事で話題となった
韓国ドラマ『シンデレラのお姉さん』(KBS第2)
『個人の趣向』(MBC)『検事プリンセス』(SBS)。

ムン・グニョン、ソン・イェジン、キム・ソヨン
人気女優三つ巴の争いが多くの注目を集めました。

関連過去記事(2010.4.9)
人気女優三つ巴争いムン・グニョン首位独走!韓国ドラマ視聴率


先週20日に最終話を迎えた2作品。
韓国ドラマ『個人の趣向』と『検事プリンセス』。

ドラマスタート以後…
2位をキープしてきた『個人の趣向』。

しかし、最終話(16話)目前の14話放送で
『個人の趣向』10.2%の視聴率を上回る
12.1%を記録した『検事プリンセス』に
2位の座を譲る事となります。

その後、この2作品の2位争いに注目が集まりましたが
残念ながら…
『個人の趣向』の2位奪還は叶いませんでした。


『検事プリンセス』は3作品の中では
視聴率では最下位のスタートでしたが

さすがですね…昨年大ヒットした韓国ドラマ
【華麗なる遺産】(燦爛たる遺産)の生みの親
チン・ヒョク監督とソ・ヒョンギョン作家。
見事に巻き返しに成功ですグッド(上向き矢印)

ドラマのおもしろさに次第に引き込まれた
視聴者が多かったと聞きます。
その人気に比例するかのように
視聴率は確実に上昇していきました。

主人公の女検事の成長物語だけではない
様々な要素が盛り込まれた『検事プリンセス』。
キム・ソヨンが自身の新境地を開拓した
作品と言えるでしょう。

『アイリス』のキム・ソヨンがヒロイン!『検事プリンセス』

関連過去記事(2010.3.18)
韓国ドラマ新水木は人気女優の三つ巴対決!キム・ソヨンがソン・イェジン、ムン・グニョンに宣戦布告!?


最終話20日の視聴率は以下の通り。
2作品が最終話であった影響からか
『シンデレラのお姉さん』の視聴率は
前回より下降したものの…
最後まで首位を守り抜き、三つ巴争いに勝利しました。


2PMのテギョン他人気スターが出演の話題作!【韓国ドラマ】ムン・グニョン「シンデレラのお姉さ...

(AGBニールセン・メディアリサーチ調べ)
1位 シンデレラのお姉さん 14.8%
2位 検事プリンセス 12.9% 
3位 個人の趣向 11.1%


MBCの水木ドラマ『個人の趣向』が、
イ・ミノ、ソン・イェジンの好演にもかかわらず、
低調な視聴率で幕を閉じた。

20日に放送された『個人の趣向』最終回は、
全国視聴率11.1%
(21日、AGBニールセン・メディアリサーチ調べ)
をマーク。

最終回では、互いを愛しながらも
誤解が解けぬまま別れた主人公の
ジノ(イ・ミノ)とゲイン(ソン・イェジン)が、
互いの思いを確認するという
切なくも美しい場面が描かれた。
(引用元 Chosun Online)



韓国ドラマ『個人の趣向』は
ソン・イェジンとイ・ミンホ(ミノ)の共演でも
話題を呼び期待された作品でした。

関連過去記事(2010.3.16)
花男イ・ミンホ新ドラマ【個人の趣向】が待ちきれない!ソン・イェジンとの恋の行方


ヒロイン、ソン・イェジンはこの作品で
彼女にしては珍しい三枚目役を
女優生命を懸けて演じきったようにも感じました。
実際、その演技力を称える声も多かったようです。





台本を執筆したイ・セイン氏
「主演俳優の素晴らしい演技のおかげで
ドラマがうまくいったようだ。

特にソン・イェジンの演技力は
いろんな面で励みになった。
イ・ミンホの場合、同じ年齢の俳優とは
比較できないほど落ち着いていて
大人っぽい面があった。

台本のジンホは性格が荒くて個人主義的で、
情がわかない人物だったが、
イ・ミンホの実際の姿を反映させて、
より魅力的なジンホに生まれ変わった」と説明した。
(引用元 Joong-ang Daily News)



 
【限定先行入荷】【最新】タイルキャンバス イ・ミノ(イ・ミンホ) 【プラスティックイーゼル付】
【送料無料】アスタ[Asta] TV 2010-05月号(総100P)


久し振りのドラマ出演のイ・ミンホ。
やはり格好良かったですね〜exclamation×2
視聴率は振るわなかったものの…
花男からのイ・ミンホファンも多く

韓国ドラマ『個人の趣向』は
ファンから愛されたドラマでした。

個人の趣向の翻訳はゆじんしさんのサイトがオススメです。
黒ハート韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう黒ハート

韓国ドラマに恋するblogトップへ



posted by ソラ | 韓国俳優 イ・ミンホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。