2010年05月15日

韓国ドラマ『アイリス』視聴率最下位に転落!囁かれる日本視聴率低迷の原因

囁かれる韓国ドラマ『アイリス』日本視聴率低迷の原因


現在、TBS地上波チャンネルで
水曜ゴールデンタイムに放送中の
イ・ビョンホン主演韓国ドラマアイリス

初回放送では、視聴率10.1%を記録したものの
その後は、下降線を辿り1桁台の
視聴率低迷が続いていました。

韓国ドラマアイリス』は、今週12日水曜日の放送で
とうとう同時間帯ドラマ視聴率最下位へと転落。

韓国では、高視聴率を記録した韓国ドラマ『アイリス』
何故、日本では視聴率が伸び悩んでいるのか…



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ


IRIS MV: Halleluja



ビョンホン心中いかに…
『アイリス』同時刻ドラマで視聴率“最下位”



『アイリス』は、大々的なPR戦略から
ゴールデンタイムでの放送が決定、
先月21日より放送が開始された。

10.1%という視聴率でスタートを切ったが、
28日の放送回は8.8%へ低下、
その後5月5日は7.5%、
続く23日には7.9%と1ケタ台の視聴率が続き、

同時間帯に放送されている番組の中で
最下位となってしまった。

12日、『アイリス』と同時刻に放送された
テレビ朝日のドラマ『臨場』が、
視聴率18.6%で1位輝き、

フジテレビの<ザ・ベストハウス123>が 12.2%で2位、
NHKの<ニュースウォッチ9>が11.3%で3位と続いた。
(引用元 WoW!Korea)


関連過去記事(2010.2.2)
イ・ビョンホン主演ドラマ地上波日本ゴールデン進出!韓国ドラマ界初の快挙!


[KI] イ・ビョンホン in アイリス 写真集


記事によると…放送関係者は低視聴率の原因に
既存の人気番組が混在している点をまず挙げています。
次に、吹替えにより緊張感が薄れたため…と。

但、70分作品にCMを入れて45分間の放送に
編集した事については原因ではないとしています。

今回、あちらこちらで囁かれている…吹替えの問題。
記事にある、放送関係者も原因の1つに挙げています。
しかし、巷で囁かれている吹替え問題とは
微妙に異なります。

多くの視聴者は、決して吹替えそのものを
悪いとは思っていないという事です。

韓国ドラマファンの多くは、俳優の声を楽しめる
字幕放送を好む人が多いのは事実だと思います。

しかし、吹替えを理解してといいますか…
吹替えも、それはそれで楽しめるものです。
(何故なら、これだけ吹替え版が放送されてますし…たらーっ(汗))

高齢の方などは
字幕よりも吹替えを好まれるかもしれませんね。

ドラマ放送前より、豪華俳優を声優として起用した事を
大変話題にしていましたね。
日本放送の売りの1つだったようですが
そのあたりが…裏目に出てしまった気がしてなりません。

イ・ビョンホンの魅力的な声は
今や日本人の多くが知るところです。

しかし、韓流スター、イ・ビョンホンの吹替えを
これまで担当してきたのは、誰もが知る高橋和也です。
その数、10作品以上。

イ・ビョンホンを韓流スターに伸し上げた代表作
韓国ドラマ美しき日々オールイン〜運命の愛〜
など、そのほとんどの日本語吹替えを担当してきました。
彼は、声優としてそれほどの功績を残したと言えます。


 
美しき日々 DVD−BOX[8枚組]
「オールイン 運命の愛」オリジナル・サウンドトラック


彼がイ・ビョンホンの声に特別似ているという話ではなく
高橋和也に限っては、イ・ビョンホンファンをはじめ
多くの日本人が高橋和也=イ・ビョンホンというほどに
長年、その声に慣れ親しんでいる事実は否めません。

何故、今回は高橋和也ではないのか?
何も高橋和也が云々という事ではなく…

イメージの世界なので、
視聴者側への負担は避けられないという話です。

声優が放送業界でどのような位置付けかは不明ですが
声優が視聴者(韓国ドラマファン)に与える影響は
非常に大きいと言えます。
事前調査するなどの策が必要不可欠かもしれません。


イ・ビョンホンが日本放送開始前に出演した番組で
アイリスでの自分の吹替えは
より自分に近い声(演技力含)の方に
お願いしたいと希望しました。
確か、そんな事を話していたような記憶があります。

しかし、果たして最初から
イ・ビョンホン側が希望した事なのか
どのようにしてそういった流れになったかまでは
企画段階の話なので知り得ません。

もっと言えば…ヒロインのキム・テヒ。
韓国ドラマファンなら、韓国の人気女優
キム・テヒの声は誰もが知っています。
日本の放送は、かなりのクールヴォイス。
どうしても違和感が…

しかし、それら低視聴率の原因と囁かれているのは
全て企画段階での話と言えるでしょう。

今回起用された俳優さんには
全く罪はない訳ですから、尚更もどかしい話です。

視聴者の意見として目立って多い
吹替えの問題を一因として取り上げました。
(副音声に切り替えればと言われたらそれまで?ふらふら)

もしかすると、日本人はアクションの多いドラマに
慣れていない可能性だってあります。
ですから、原因を明言するのは
非常に難しい事ではあります。

日本での『アイリス』視聴率低迷は
勿論、吹替えの問題だけではなく
韓国放送とは違う、編集の影響も少なくないでしょう。
様々な原因が複合して起きた事なのかもしれません。

見方を変えれば…韓国ドラマ『アイリス』に限っては
視聴率が低い=ドラマ作品の評価
単にそうはならないという事ではないでしょうか。

イ・ビョンホンの吹替えに関して
これだけ視聴者が反応するあたり…
ある意味、トップ韓流スターであるが故の
苦悩とも言えるでしょう。

イメージの世界というものは深いです。
そう簡単ではないのですね。

中央日報関連記事
か細くてハスキー…イ・ビョンホンではない日本語吹き替え版のイ・ビョンホン

いつも応援ありがとうございますハートたち(複数ハート)
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ

韓国ドラマ『アイリス』関連記事へ
イ・ビョンホン関連記事へ
韓国ドラマに恋するblogトップへ



posted by ソラ | Comment(1) | 韓国ドラマ【IRIS】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは^^
私は今TBSで放送されているIRISで、初めて視聴しているんですが、キムテヒの吹き替えに一番ショックを受けました。。
美人かつ非常に頭のキレるキャラクターのハズなのに、「舌が全然回ってないんじゃない?」と思わせるほどの歯切れの悪い喋りは。。

声の人は日本では今イチオシの女優さんなのでしょうが、あれには違和感ありありでした。

なんか愚痴ったようですみません^^
また遊びにきますね。
Posted by sera at 2010年05月16日
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。