2010年05月07日

韓国ドラマ『春のワルツ』は隠れた名作!無名のソ・ドヨン&ハン・ヒョジュを抜擢したユン・ソクホ監督

韓国ドラマ四季シリーズ完結編、春のワルツが放つ世界


日本でも有名なユン・ソクホ監督作品
韓国ドラマ四季シリーズ。
その完結編にあたる『春のワルツ』(KBS2006年)を
もうご覧になりましたか?

ユン・ソクホ監督は、春のワルツの主演に
当時はまだ無名俳優だった
ソ・ドヨンハン・ヒョジュを抜擢しました。

韓国ドラマ春のワルツ
その映像美、色彩、匂い、ピアノの音色…
ドラマ全編に、独特な調和が佇んでいます。
あなたもメルヘンの世界を体感する事でしょう…



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ 




天才ピアニストのユン・ジェハ(ソ・ドヨン)の隠された過去。
アクセサリー・デザイナー志望の
パク・ウニョン(ハン・ヒョジュ)。
運命に手繰り寄せられ出会ってしまう2人。

その2人に絡む、ジェハのマネージャー
フィリップ・ローゼンタール(ダニエル・ヘニー)と
チェハの幼なじみのソン・イナ(イ・ソヨン)との組曲。

巡り合った4人の恋模様を
繊細な映像美でせつなく描くメルヘン。


春のワルツ DVD-BOX I/ソ・ドヨン[DVD]【返品種別A】


韓国ドラマ春のワルツのキーパーソンである
天才ピアニスト、ユン・ジェハ(チェハ)に
キャスティングされた韓国俳優のソ・ドヨン。

当初、相手役ヒロインには韓国の人気女優
ソン・ユリがキャスティングされていました。

しかし、間もなくソン・ユリ側が降板を発表。
当時、降板理由の1つに…
相手役の主演男優がソ・ドヨンという
無名俳優であった事が伝えられています。


四季シリーズ完結編を美しく彩ったクラシックの名曲!【韓国ドラマ】ソ・ドヨン「春のワルツ Cl...


それ以外にも理由は存在したようですが
ソン・ユリ側が、無名俳優の相手役を演じる事に
大きな負担を感じたというのは事実のようです。


このヒロイン降板劇により、白羽の矢が立ったのが
若手韓国女優のハン・ヒョジュ。
当時はまだ、ソ・ドヨン同様に無名でした。

ハン・ヒョジュは、ユン・ソクホ監督四季シリーズ
ヒロインとして大抜擢された事について

“私がヒロインでなんて信じられない気持ち”
当時、そう表現し喜びを率直に語っていました。




ユン・ソクホ監督はこう話しています。
嘘に映らないメルヘンの世界を描きたかった…
一見、矛盾するような言葉ですが1つの例えがこうでした。

ピアノを弾く人が有名な俳優であったなら
すぐにそれが本人の演奏でないと見抜かれてしまう…

確かに『春のワルツ』では、ジェハの演奏する
ピアノの音色とドラマが一体化した印象を受けます。
ユン・ジェハという役は、それだけ重要でした。

  
「春のワルツ」公式写真集(4)
韓国ドラマ「春のワルツ」オリジナル・サウンドトラック


ユン・ソクホ監督のこだわりや独特で細やかな演出が
劇中、随所に散りばめられているといった感じです。

冬のソナタをはじめ、ヒットを連発した
四季シリーズ最終章。
主演の男女2人は共に無名俳優…
前代未聞と言われてもやむを得なかったでしょう。

しかし、ユン・ソクホ監督に迷いはありませんでした。
監督は、いつも直感を大切にされるそうです。

 
冬のソナタから考える
ユン・ソクホの世界


春のワルツ出演後…
ソ・ドヨンはその神秘的な魅力が広く認められ
韓国の個性派俳優として成長。





ソ・ドヨンが演じたジェハ…私は好きです。
男性的というより、華奢で中性的な印象。
しかし、内面は誰よりも一途で純真…
そういう男らしさがソ・ドヨンという人を通して
表現されていました。

又、ソ・ドヨンは非常に目が印象的です。

深い傷を心に抱えた掴みどころのない…ジェハ。
まさにソ・ドヨンがハマリ役でした。

ソ・ドヨンの最近の話題作として
韓国俳優ヒョンビンやキム・ミンジュンらと
共に主演を務めた韓国ドラマ
チング〜愛と友情の絆〜があります。


又、ハン・ヒョジュは、春のワルツ出演から約3年後の
昨年、40%台の高視聴率を叩き出した
韓国ドラマ華麗なる遺産でヒロインを演じ大ブレーク!


かわいいハートがきらり♪【韓国ドラマ】イ・スンギ、ハン・ヒョジュ「華麗なる遺産(燦爛たる...


現在は、『チャングムの誓い』で日本でも有名な
韓国時代劇の巨匠イ・ビョンフンに導かれ
韓国ドラマ『同伊』(トンイ)に出演。

タイトルロールでもあるヒロイン同伊役を演じ
ドラマ視聴率首位をキープしています。


関連過去記事(2010.3.21)
華麗なる遺産ハン・ヒョジュ時代劇【同伊】でチ・ジニと共演!新韓国ドラマで第2のチャングム狙う!?

又、日本で放送されている『春のワルツ』は日本版。
ユン・ソクホ監督が日本向けに再編集したそうです。

四季シリーズ、秋の童話(2000年)
冬のソナタ(2002年)、夏の香り(2003年)…
そして最終章春のワルツ(2006年)

四季シリーズの中では
隠れた名作として知られる春のワルツ。
実は、日本でも人気の高い韓国ドラマなのです。

劇中流れる、西部開拓時代のアメリカ民謡
『いとしのクレメンタイン』(Oh My Darling Clementine)
日本では、『雪山賛歌』として知られるこの曲。
せつなく響くメロディーに無条件で心打たれます。

理屈ではない…
メルヘンを感じるドラマ『春のワルツ』

いつも応援ありがとうございますハートたち(複数ハート)
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ 



posted by ソラ | おすすめ韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。