2009年11月28日

チャン・グンソクの魅力全開!【(美男)イケメンですね】日本放送決定!韓国若年層に爆発的人気の理由とは…

韓国ドラマ“イケメンですね”はチャン・グンソクの新たな魅力いっぱい!


常にトップを独走する大作ドラマ“アイリス”の陰で
大健闘したドラマをご存知でしょうか…

韓国の10代から20代前半若年層から絶大な支持を得た
チャン・グンソク&パク・シネ主演の
韓国ドラマイケメン(美男)ですね】(SBS水木)

26日、最終回を迎えた同ドラマは
全国視聴率11.9%(TNSメディアコリア調べ)を記録。
自己最高視聴率で有終の美を飾りました。

早くも来年の日本放送が決定するなど人気の高さが窺えます。
韓国の若者たちを魅了したドラマイケメンですね】人気と
主演俳優チャン・グンソクの新たな魅力に迫ります…


【限定先行入荷】【最新】ミニキャンバス チャン・グンソク (C)
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ






チャン・グンソク『美男<イケメン>ですね』が
日本放送決定、元旦に試写放送



チャン・グンソク、パク・シネ、イ・ホンギ(FTIsland)、
チョン・ヨンファの4人がイケメンバンドA.N.JELLのメンバーとして主演。

人気を得ているSBSドラマ『美男<イケメン>ですね』が
来年2月からKNTVで日本初放送されることになった。

双子の兄の代わりに妹が大人気イケメンバンドの
メンバーとして加入することになり…
アイドルグループの世界を舞台に、
若者の愛や夢をさわやかに、キュートに描くラブロマンスだ。

A.N.JELLは実際にファンらの前での演奏を行い撮影するなど、
俳優としてだけでなく、バンドとしての実力も見せている4人。

チャン・グンソクは俳優だが、以前から歌に定評があった上、
イ・ホンギは人気ティーンズバンドFTIslandのボーカルとして活躍中。

チョン・ヨンファも新人ながら
C.N. Blueというバンドのボーカル&ギターを務めており、
まさにこのドラマにぴったりの配役。

加えて、ルックスもいいことから、
韓国ではA.N.JELL ファンが急増している。


【引用元 Chosun Online 11月25日付】


チャングンソク&イホンギ出演話題作サントラ第2弾!【韓国ドラマ】チャン・グンソク、イ・ホン...


今年の上半期、女性ファンの心を掴んで離さなかったドラマが
イ・ミンホ、ヒョンジュンらの【花より男子】だとしたら
下半期はチャン・グンソクらの【イケメンですね】ではないだろうか…


このように、2009年前半に社会現象を巻き起こした大ヒットドラマ“花男”と
実は何かと比較されることの多かったドラマ【イケメンですね】


若年層をはじめ幅広い年齢層に支持された【花より男子】は
上流階級のお坊ちゃま的な美男というイメージ。


一方、若年層に多く支持された【イケメンですね】は
外見は背伸びをしてクールを装っていても心は純朴…
そんなぎこちなさが魅力の美少年のイメージなのでしょう。


チャン・グンソクが演じた“ファン・テギョン”という少年が
まさにその象徴でした。


【新入荷】【最新】CDケース・DVDケースチャン・グンソク (F)(取り寄せ商品)


チャン・グンソクと共にバンドのメンバーを演じた
2人もまたそれぞれに存在感がありました。


ジェルミ(イ・ホンギ)は誰よりも素直で純粋。
いつも明るく分かり易い性格の彼は
ムードメーカー的存在でもあるのですが
実はとても思いやりのある繊細な心の持ち主。


koreaboom韓流ブーム*イホンギ*leehongki


いつもコ・ミナム(パク・シネ)を温かく包む
カン・シヌ役のチョン・ヨンファ。
いつもどこか寂しげな表情は彼が抱える孤独を感じさせ
訴えかけるような静かな演技は
新人とは思えないほど印象深いものがありました。


【メール便OK】【新入荷】【最新】マウスパッドチョン・ヨンファ CNBLUE(取寄せ商品)


過剰な神経質の上、心がズタズタに傷を負って乾いていても
実は優しく微笑むことのできる(魂は美しい)…
そんなファン・テギョンになりきって
生活していたというチャン・グンソク…


いつもの甘いイメージの彼とはどこか違う…
そんな印象を強く受けました。
チャン・グンソクの内に秘めた男(少年)らしさが満載です。


劇中、オールバックのヘアスタイルは
先輩イケメン俳優のチョ・インソンを彷彿させる
大人の男の表情を見ました…


【送料無料】 チャン・グンソク■ アジアツアーの公式グッズ Puzzle


【イケメンですね】制作発表時でしたでしょうか…
いつになくクールなチャン・グンソクの視線(アイラインばっちり)…
そして、清純派女優パク・シネの男装姿に
思わずコヒプリを連想してしまったり…と
個人的に気になっていたドラマではありました。


このドラマ…はっきり言ってお腹抱えて笑えます。
(特に前半、好評を得たパク・シネのコミカルな演技に注目exclamation×2)


個人的にファン・テギョン(チャン・グンソク)と
コ・ミナム(パク・シネ)とのやりとりが
一番おもしろくて好きでしたね。
(パク・シネについては次の機会に触れたいと思います)

 
チャングンソク主演「イケメンですね」登場キャラ!【韓国ドラマ】チャン・グンソク、イ・ホン...


そしてこのドラマ…ちょっぴり泣けますたらーっ(汗)


回想シーンやパロディーなども交えた構成になっており
笑わせてくれる場面も多いのですが
しっかり泣ける感動のツボをおさえているといった印象です。


10代の少年たちの純粋な気持ちや恋模様を描いており
この時期の男の子(少年)って素敵だな…と素直に思わせてくれます。


ただ、中年層にとっては恋愛の成り立ちなど
正直物足りなさを感じてしまうかもしれません…


しかし…
ちょっとしたことで相手にときめいたり…感動したりと…
そういった感性は経験の少ない若い時期独特のものであるのも事実。


韓国では、なんと下は小学生から20代前半までの若年層に
特に高い支持を得ていたといいますから…


気付いたらドラマ主人公に自分自身を投影していた…
きっと、そんな夢見る感覚で若者たちはドラマを楽しんだのでしょう。


又、個人的にも今回新たな魅力を感じた俳優が
チャン・グンソクでした。


初めは慣れなかった彼のアイラインでしたが(役柄だからね)
途中から気にならなくなりました…ってそんな話ではなく(笑)


子役からスタートしたチャン・グンソクが
大人の俳優として初めて大きな注目を集めた作品といえば…
ドラマファン・ジニ(黄真伊)(KBS2006年)と記憶しています。


ファン・ジニ(ハ・ジウォン)に淡い恋をするも
若くして亡くなる“ウノ道令”役を切なくも爽やかに演じた彼は
韓国のみならず、アジア各国の女性ファンから熱い支持を受けました。


その後もドラマベートーベン・ウィルス(MBC2008年)などで
好青年役を演じ確実に子役のイメージを
脱していったチャン・グンソク。


そして…ドラマイケメンですねの彼は
今までにない新たな魅力を振り撒いています。


クールビューティーという斬新さもありますが
それよりも、彼の演技に対する情熱が
特に強く感じられた作品であったからです。


子役経験のあるチャン・グンソクは現在22歳。
韓国の人気若手俳優の1人として知られています。


清潔感があり、モムチャンとは程遠い華奢な印象…
どこかまだ少年の匂いが残るチャン・グンソク…
そんな今だからこそ、ファン・テギョンになりきれたのでしょう。




一方で、美少女顔負けの甘いマスクに相反した
チャン・グンソクのクールヴォイスは
心にグっとくるものがありますね…本当に声が魅力的ハートたち(複数ハート)


ドラマ【イケメンですね】の中でも
バンドのヴォーカル役を務め、その美声を披露しています。


歌声が高い評価を得ていることについて彼は…
“上手く唄おうとは一度も思わなかった…
ただ、ファン・テギョンの気持ちで唄っただけ…”と答えたそうです。


その言葉通り…多くの視聴者は彼の歌声が
せつなく響くのを感じたことでしょう。


今後も多くの意外性を発揮してくれそうな…
韓国俳優チャン・グンソクから目が離せません。

いつも応援ありがとうございますハートたち(複数ハート)
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 人気ブログランキングへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。