2009年10月06日

ソ・ジソブ『51K』個人事務所設立へ

韓国俳優ソ・ジソブが独立



韓国俳優ソ・ジソブ
個人芸能事務所『51K』を設立しました…

今年4月28日に前所属事務所BOFとの
契約が満了した後は
自身のマネージメントを続けてきましたが
親友ソン・スンホンに続き
ソ・ジソブもまた独立を決意したようです…







ソ・ジソブが個人事務所設立へ


韓流スターの一人で、この秋、
事務所との契約を更新するかどうか
注目されていたソ・ジソブだが、

このほど個人事務所を設立することになった。

ソ・ジソブは前事務所で
親交を深めた人々とともに
個人事務所「51K」を設立、
芸能活動を行うことに決めた。

51K」はソ・ジソブ
いろいろ考えた末につけた名前。

好きな数字「51」と、
韓流スターらしく「KOREA」から
「K」を取ったものだ。

ソ・ジソブが数多くのオファーを断り、
独立を決意したのは、
演技に集中したいのと同時に、
自身の周りのさまざまな事柄を自ら決めていきたい、
という気持ちが大きかったためだという。

多額の契約金をけったソ・ジソブの独立は、
ほかの韓流スターたちとの歩みとも重なる。

イ・ビョンホンやチェ・ジウは
すでに独立しており、
ソン・スンホンも自身の事務所を構えたばかりだ。

日本でミニドラマの撮影を終えたソ・ジソブは、
近く次回作を決定する予定だ。


【引用元 Chosun Online】

関連記事
ソ・ジソブ自分のマネジメント経験してみたかった…




“51”は昔からソ・ジソブが好む数字。
ソ・ジソブファンの多くが知るところで…
ジソブの決意のようなものを強く感じます。

関連記事
ソジソブインタビュー『僕は51点の俳優』

KOREAを意味する“K”を組み合わせた名前は
シンプルすぎるくらいシンプルで…(笑)
本当にジソブらしいと思いますね。
けれど、『51K』には
ジソブの想いがギッシリなんだと感じます…


51k韓国サイト⇒http://www.51k.co.kr/#/51k


記事にあるように…
最近になって、多くの大物俳優たちが
これまでの事務所との契約満了後に
独立の道を選択しています。

それにしても、韓国では
昔から所属俳優と事務所間での
トラブルなどが目立つというのも事実…

訴訟にまで持ち込まれるケースも
珍しい事ではありません。

韓国芸能界で今…
何が起こっているのでしょう…

最近勃発した…
日本でも人気の高いグループ歌手
“東方神起”の専属契約訴訟問題。

日本でもマスコミが
何度も取り上げていましたから
皆さんもご存知の事と思います。


今月、ジソブが来日しますねexclamation×2
ソ・ジソブが初主演を務める
日本ドラマ【I am GHOST】

今月20日よりモバイル専用放送局BeeTVで
公開予定のドラマです。

13日、東京・有楽町の
東京国際フォーラムホールで開かれる
“I am GHOST プレミアムイベント”にて
先行上映される予定となっています。

イベントには、主演俳優ソ・ジソブをはじめ
ヒロインで日本女優の谷村美月や
作家、監督などが参加する予定。