2009年05月31日

“花男”花沢類こと小栗旬が韓国でファンクラブ設立!パク・チャヌク監督作品に共感したという日本のF4ユン・ジフ小栗旬の魅力とは…

日本版【花より男子】の花沢類役で人気を博した個性派俳優の小栗旬
今年7月韓国にて公式ファンクラブを創設する事がわかりました。

実現すれば、日本俳優初となる韓国公式ファンクラブ創設となります…
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 





日本版『花より男子』で花沢類韓国版ユン・ジフ)役を演じていた小栗旬が、
日本の俳優として初めて、7月に韓国公式ファンクラブを創設する。


多くの韓流スターが日本で公式ファンクラブを運営しているのに比べ、
韓国で日本のスターの公式ファンクラブ創設は、俳優では初めてだ。


小栗旬は「韓国の映画やドラマを見るなど韓国に関心を持っており、
パク・チャヌク監督の“復讐3部作”を見て、演技をする上で非常に参考になった。


機会が出来たらクァク・ジェヨン監督とも共に作品を作ってみたい」と話した。

また「今回のファンクラブ創設をきっかけに
アジア間の文化交流に貢献したい」と付け加えた。
(Innolife.netより抜粋)



パク・チャヌク監督といえば…
今月24日行われた第62回カンヌ映画祭授賞式に出演俳優らと共に出席。
映画【コウモリ】が映画祭審査員賞を受賞し話題となりました。

パク・チャヌク監督特有の感性で描かれた作品を支持するファンは多いといいます。

コウモリ】で主演を務めたの韓国俳優ソ・ガンホとは
復讐シリーズの【復讐者に憐れみを】(2002年)でもタッグを組んでいます。


小栗旬は、ドラマ【GTO】(1998年)でデビュー。

ドラマ【ごくせ】(2002年)、映画【クローズZERO】などでご存知の通り
荒々しい男らしさをアピールした役柄が多い中

大ヒットドラマ日本版【花より男子】(2005年)では初めて
繊細でソフトなナイスガイ“花沢類”役で新境地を開拓。
これをきっかけに、アジア各国で急速に小栗旬のファンが増えたといいます。

又、映画【クローズZERO】の続編となる【クローズZEROU】が
最近話題になりました。




小栗旬…いいですね…個人的に好きな俳優です。
彼の男らしさの中に見え隠れする繊細で神秘的な面に惹かれます。

パク・チャヌク監督の“復讐3部作”に共感したと記事にありました。

復讐シリーズは、かなり衝撃的な作品ばかりですが…

第1弾【復讐者に憐れみ】
主演のソン・ガンホは、10kgを越える減量の上、鋭い目つきの冷酷無情な男に変身…
さらには、純真なイメージのぺ・ドゥナが悪女を演じベッド・シーンが話題になりました。


第2弾の【オールドボーイ】
第57回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞。

韓国俳優オ・デスとユ・ジテという韓国を代表する映画俳優が主演。
平凡な男が15年間理由も分からないまま監禁…そして…衝撃的な復讐劇。
劇中流れる音楽も素晴らしく…日本でも有名な韓国映画です。


第3弾の【親切なクムジャさん】(2005年)
シリーズ最終作でヒロインを演じたのが、日本でもヒットした韓国ドラマ
【チャングムの誓い】(MBC2003年)のイ・ヨンエである事から話題を呼びました。

  


6月中に韓国側のエージェンシーJBOXエンターテイメントのH.Pで募集を開始。
小栗旬の韓国ファンクラブは、今年7月に公式発足する予定です。



posted by ソラ | 韓国ドラマ【花より男子】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。