2008年12月05日

【カインとアベル】ソ・ジソブ過酷ロケにも不屈の闘魂!中国砂漠で体感温度−20度と砂嵐にも負けないの熱演風景!

来年2月放送予定のSBSドラマ【カインとアベル】主演のソ・ジソブ
中国内モンゴル砂漠で不屈の闘魂をみせています!

ソ・ジソブは、先月の23日に上海から4時間の所に位置する
内モンゴルのウンチョン砂漠での【カインとアベル】海外ロケに出発しました。
この砂漠は、別名“死の砂漠”とも言われ朝晩の気温差が40度にもなる所…
なんと、1週間もの間ここでの過酷ロケを行ったそうです…がく〜(落胆した顔)


Korean wave(31)
banner_02.gifにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


(以下記事抜粋)
寧夏回族自治区の成都のウンチョン砂漠は
「銀光小川」という美しい地名とは違い、荒涼とした砂漠地帯が広がっている所。
昼間は太陽の光により熱された砂で“熱砂”の地獄となり、
夜は零下の砂嵐に変わり、日較差が40度に達する死の砂漠だ。

撮影チームは「それにもかかわらず、ここに固執した理由は、
劇中の雰囲気ととてもよく一致しているためだ」と明らかにした。
ソ・ジソブは、体感温度零下 20度の砂漠で砂嵐と闘いながら熱演を繰り広げた。
身を切る激しい風の中にソ・ジソブの意識は、不明瞭になる。
荒涼な地平線の上に浮び上がるのは、愛した女性の瞳。
なんとか生きなければならないと空に手を振るが、負傷した頭からは血が流れ続ける。
『カインとアベル』の序盤部に登場するこのシーンの撮影のために、
ソ・ジソブは6泊7日間、強行軍を続けた。
1週間の砂漠撮影を終えたソ・ジソブは「天気がとても寒くて、
スタッフが苦労したが良い作品のために最善を尽くして撮影した」と所感を明らかにした。

砂漠撮影を終えた制作陣は、これから12月末まで中国に滞在して撮影を継続する予定だ。
他の主人公シン・ヒョンジュンとチェ・ジョンアンも4日出発して、
撮影チームと上海で合流した。
ソ・ジソブ、シン・ヒョンジュン、チェ・ジョンアン、ハン・ジミンら豪華キャストと
75億規模の制作費で2009年上半期最大の期待作に選ばれる『カインとアベル』は、
来年2月放送される予定だ。 [写真=プランピピクチャーズ]
(引用元 Innolife.net)

な、なんと…【映画は映画だ】の泥まみれシーンに続きまたも過酷ロケexclamation&question
昔から無口で男らしい事で知られているソ・ジソブ
簡単に弱音を吐く人でないとは分かってますが…
朝晩の気温差40度は人間の体にはそれだけで“過酷”過ぎますふらふら

きっと想像以上に大変なロケだったのではないでしょうか…たらーっ(汗)
ドラマの成功をファンは…ただひたすら祈っていますぴかぴか(新しい)
ファイティーンexclamation×2ジソブダッシュ(走り出すさま)

よろしければ応援クリックお願いしますexclamation×2いつも本当にありがとうございまするんるん
     ↓          ↓          
banner2.gif にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

カインとアベル関連記事へ
ソ・ジソブ関連記事へ
韓国ドラマに恋するblogトップへ



posted by ソラ | 韓国ドラマ【Cain and Abel】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。