2008年12月03日

韓流スターらが続々自らギャラ削減!ソ・ジソブ、クォン・サンウ、ソン・スンホン…ベテランのあの女優まで!一体なぜ?

韓国の芸能界では最近ある事が
問題視され論議されています。
それは…韓国俳優がドラマや映画に出演する時に
発生するギャラ問題

韓国では、韓流スターなどトップスターへの
破格とも言われる高額ギャラに対し
賛否両論なのです…

banner_02.gifにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ





というのも…地上波テレビ局3社やドラマ制作会社が
経済危機による広告収益の減少などで
ドラマ制作自体が危ぶまれているというのです。
さらには、ドラマだけではなく
韓国映画界にも同様な事が言われています。

記憶に新しいのは、低予算映画にも拘らず
興行において快挙を達成した韓国映画
映画は映画だ】に主演した
ソ・ジソブカンジファンの2人は
基本的にギャラを受け取らず
興行に成功した場合に限りインセンティブを
手にするという姿勢でした。


しかも、例にない事ですが…
映画の制作費の35%を主演俳優という立場で
投資しているのです。
過去記事
祝!ソ・ジソブ男優演技賞!カン・ジファン新人男優賞!『映画は映画だ』映画評論家協会賞映画祭で3冠☆


又、日本でも人気のクォン・サンウ
ソン・スンホンまでもがここにきて
次々と自主的にドラマ出演料カットの
意向を示し始めました。

(クォンサンウ関連記事抜粋)
スター俳優の高額ギャランティが問題となっている中、
俳優のクォン・サンウ(32)が
次期作MBC『シンデレラマン』の出演料を
1話当たり1500万ウォン以下とすると
2日、明らかにした。

 
シンデレラマン DVD-BOX1
シンデレラマン DVD-BOX2

地上波3社ドラマに出演する
トップスター級芸能人では初のギャラ自主カットだ。
2月まで放送されたドラマ『悪い愛』で受け取った出演料
(1話当たり5000万ウォン)の30%水準だ。

クォン・サンウはこの日
「厳しいドラマ制作の現実を十分に理解し、
出演料上限線制に積極的に賛同する」と述べた。

地上波3社が決めた出演料上限線は
1話当たり1500万ウォン。
放送界にドラマ製作費バブルに対する危機感が広がり、
最近地上波3社ドラマ局長団と
制作会社協会関係者たちが論議したガイドラインだ。

クォン・サンウはまた自分の出演料のうち
10%を生活苦の俳優を支援する
タサモ(温かい人の集まり)に寄付する予定にしている。

「ドラマ制作環境が厳しくなり、
生活に支障をきたしている先輩や
同僚の俳優のために役立てたいと思う」と話した。
(引用元 Chosun Online)




(以下ソンスンホン関連記事抜粋)
現在MBCドラマ『エデンの東』に出演中の
ソン・スンホンが、出演料の50%を自主的に削減に出た。

ソン・スンホンの所属事務所側によると、
ソン・スンホンは最近自身の出演料50%を一旦削減し、
ドラマが損益分岐点を越えれば、
海外版権収益で残りの50%を受けることに
出演契約を修正した。

ソン・スンホンは「ドラマが人気を得ても、
制作社やスタッフは相変らず厳しいことが
現在韓国ドラマ制作の現実だ。

一緒に仕事をする者として、苦労を分かち合いたい」
と趣旨を明らかにした。
また「皆一緒に熱心に作ったドラマが人気を得れば、
その喜びも皆一緒に享受することが当然だと思う」
と付け加えた。
(引用元 Innolife.net)


現在ソン・スンホン出演中の大人気ドラマ
『エデンの東』はソウル首都圏地域で
初めて視聴率30%を突破し(12月2日TNSメディアコリア)
月火ドラマのトップを独走中です。

このほかにも、【冬のソナタ】で
チェ・ジウの優しい母親役で人気を博した
ベテラン女優キム・ヘスクも又、現在出演中の朝ドラマ
【白いうそ】(MBC)のギャラを30%削減する事を
制作会社側に提案したそうです。
先輩として後輩たちの模範になればという
想いがあるとしています。


実はつい先日、トップスターらの過去に支払われた
具体的なギャラが公開され
ちょっとした騒動になっています。

よろしければ応援クリックお願いしますexclamation×2いつも本当にありがとうございまするんるん
     ↓          ↓          
banner2.gif にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

韓国芸能ニュース記事へ
韓国ドラマに恋するblogトップへ


posted by ソラ | 韓国芸能最新ニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。