2008年10月30日

クォン・サンウ映画ドタキャンの真相とは!?「私の愛 私のそばに」クランクイン2週間前に突然何故?本人コメント全文公開!

韓国俳優クォン・サンウ
ハ・ジウォンと共に主演する予定だった
韓国映画私の愛 私のそばに」(パク・ジンピョ監督

先月の23日にクォン・サンウの出演は
すでに報道されていました。

しかし、クランクイン2週間前になって
突然クォン・サンウの降板が報じられ
騒ぎとなっています。

これは、27日に制作会社である
映画社「家」の関係者が
クォン・サンウ、出演覆す」と題した
プレスリリースで明らかにしたもの…

制作会社と俳優の所属事務所が
正式に出演を発表した後の降板は稀で
キャスト変更の場合、時間をおき
別の俳優に替えてから発表するのが常のはずが…


27日にプレスリリースで
明らかにされた内容です…

『主演のクォン・サンウから
脇役までキャスティングを終了し、
裏方も含めて全て準備が整って
来月のクランクインに備えていたが

主演のクォン・サンウ
出演を覆した事により関係者一同困惑している』

同映画の監督であるパク・ジンピョも、
映画への意気込みを話していたのに
突然音信不通になってしまった
クォン・サンウに失望しているとも
伝えられました。

ドタキャン理由として、
日本での版権の共有問題で
決着がつかなかったという説や

筋肉が衰えていく病気にかかる役は
“マッチョ”なクォン・サンウに似合わない
という周囲の意見(圧力)による説など…

世間では、様々な憶測が
飛び交っているというのが現状です。

この突然の映画出演キャンセルによる
論議と物議に対して
29日午後、直接クォン・サンウ本人が
自身のファンサイトにコメントを掲載し

映画『私の愛、私のそばに』の
出演キャンセル論議に対しての説明を行いました。


(以下クォン・サンウコメント全文引用)

一方的な記事内容に、とても当惑し、
個人という理由で一番最初に
被害があるようで実に残念です。

まず映画制作社と所属事務所の葛藤により、
私の愛、私のそばに』をできなくなったことが残念です。

相手俳優とも長い間友情を培ってきて、
また作品で再会することになり、
とても期待していたのに、
ハ・ジウォンさんにも申し訳ない思いだけです。

監督とよく会って色々な話もして、
夜、漢江で自転車に乗りながら
体重減量のために努力もしました。

映画社に無理な要求をしたことがないし、
作品が良くて監督が素晴らしい方なので、
僕の意志が最も強かったのです。

試写会には行くことができないでしょうが、
恐らく映画が公開されれば、
こっそり一番先に行って観て応援したいです。

ぜひ『私の愛、私のそばに』が
祝福を受ける作品になって欲しいです。

仕事をする時、作品に名前が挙げられる
色々な俳優がいて、
制作社も第1・第2の俳優を考えます。
純粋に待つ立場は、俳優側でしょう。
最低限第2の作品は考えないので。

名前が挙がり、俳優の意志が強かったので、
所属事務所でも条件よりは
作品を先に考えたようです。

投資関係で、所属事務所が提示した基本条件が
受け入れられなかったようです。
中間の立場である僕としては残念なだけです。


(引用元 Innolife.net)




クォン・サンウは制作会社関係者と
所属事務所間の争いの末
出演を降板せざるを得なかったと
心を痛めている様子が窺えます。

制作会社側と所属事務所側の見解に
相違は見られるものの…

こうして、サンウ本人がコメントを発表した事により
この問題が収束に向かって欲しいものです。

又、相手役のハ・ジウォン
クォン・サンウが出演するかどうかとは関係なく
この映画を選んだとし、自身の出演取りやめは
ないという意向を示しています。

今回の映画で、2004年のロマンチックコメディー
『恋する神父』以来4年ぶりに
ハ・ジウォンクォン・サンウ
共演することも話題になっていました。




《韓国ドラマ恋メモ》
サンウ降板のニュースの直後に
ハ・ジウォンは問題なく予定通りに
出演する意向を発表しましたね。

サンウから何ら被害を被ってはいないと
擁護するかのように…

サンウとは俳優仲間として
長い付き合いのハ・ジウォンだけに

彼の立場や状況を理解している可能性もあるのかな…
とふと感じました。(憶測ですが…)

確かに人気俳優が必ずしも
強い立場とは限らない…ですよね。
もし、争いの渦中にいて中立的な立場を
守らなければならないとすれば…

それは、かなり苦しい事でしょう…
身動きとれなくなっちゃいますからふらふら
でもって、往往にして叩かれるのは
表に出ている人間…ガーンもうやだ〜(悲しい顔)

今回の件は、サンウ本人というよりも
その周囲の問題で

制作側とサンウ所属事務所側との
ビジネスの話し合いの過程で
何らかの事情で合意に至らなかった事が
原因なのではexclamation&question
個人的にはそんなふうに感じましたが…あせあせ(飛び散る汗)
        

今月25日にスーパーアリーナで
1万5000人ファンミーティングを開催したサンウ。
日本での根強い人気ぶりを実証しましたね。



posted by ソラ | 韓国俳優 クォン・サンウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。