2008年09月27日

韓国ドラマ『塩人形』は意外にハマります!

韓国ドラマ塩人形 ヴィクティム・オブ・ラブ
(2007年 SBS)をご存知ですか?
塩人形あせあせ(飛び散る汗)タイトルだけ聞いた瞬間…
正直、何じゃ?という感じでした。笑

ところが…これが結構おもしろくて
ハマってしまいました。笑
ヒロインは、トップスターの座に上り詰めた矢先の
2001年にスキャンダルで世論を敵に回し
一時業界を去った女優ファン・スジョン


麻薬事件後の5年間は、ほとんどメディアに登場する事もなく
障害者などへのボランティア活動に参加する以外は
ひっそりと暮らしていたという事です。

そのまま復帰せず普通に暮らす事も考えたという スジョンですが
やはり、演技を成し遂げられなかったという無念があり
諦めきれないという想いがあったそうです。

ファン・スジョンの約5年振りの復帰作という事もあり…
ドラマ制作発表時は、韓国でもかなり話題になったようです。

このドラマの大まかなあらすじですが…(以下、ネタバレあり)
夫の命を救うために、かつて自分に片思いをしていた男と一夜を共にする妻。
妻の究極の選択がその後、様々な波乱を引き起こすラブストーリー失恋です。
その一夜の出来事が劇中ずっとつきまとう訳なんです…想像つきますよね。

ストーリーを含めて、俳優陣もどこかold感のある構成…
かなり古い作品なのだろうと確信していた訳ですが…大間違いでしたがく〜(落胆した顔)
制作はなんと2007年exclamation×2メチャクチャ最近だったのねぇ〜ホントすみませんわーい(嬉しい顔)

ファン・スジョンのスキャンダルの事を知ったのはドラマを全部見終わってから。
5年振りの復帰作とは夢にも思っていませんでした。
こんな清潔感のある女優がいたんだ〜知らなかった…と思いながら観てました。
ですから、何の先入観もなく観る事ができてかえって好かったです。

 

劇中の妻ソヨン( ファン・スジョン)は
それはそれは美しかったです。
キレイではなく…美しいんですよねぴかぴか(新しい)
夫を心から愛す妻の清潔感のある
色気exclamation&questionみたいなものが感じられました。

それでね、夫ヨヌ(キム・ヨンホ)についてなのですが…
私はこの夫に???マークが数回ついちゃいましたよ。笑

妻を信じるって事がそんなに難しい?
妻よりも自分のプライドが大切?…などなど
夫の辛さも勿論理解できますが…
それ以上に傷ついているのは妻のはず。

この夫の行動は、私に様々な疑問を投げかけてくれました。
まあ、究極のラブストーリーなので仕方ないのでしょうね。

そして、このドラマの中で最強の悪人役が
ジソク(キム・ユソク)です。
ご存知『がんばれクムスン』の時とは正反対の役柄でした。

が、しかし…私はどうしてもこのジソクが最後まで憎めませんでした。
1人の女性を想い続ける事は自由だし
別に嫌がらせしてきた訳でもないし…

ただ、ずっと1人の女性を忘れられなくて
傷を抱えて生きてきた人なのです。
しかも、会わなくなって10年も経っているというのに
ソヨンを本気で愛しています。

ナヨっぽい(ごめんなさい)夫よりこちらの愛が
途中からは本物に見えてしまったたらーっ(汗)

ジソクの罪は、確かに重いかもしれないし最低かもしれない。
しかし、『ソヨンを傷つけてでも愛したかった』という複雑な想い…。
ソヨンと同じように…いやそれ以上に自分も傷つくという
代償も予測していたはず…

その夜、ソヨンが部屋を出て行った後…
ソヨンのズタズタに傷ついた心を想い
男泣きするんですよ〜ジソクが…。

キム・ユソクという俳優…非常に魅力的ですグッド(上向き矢印)
何だか不思議と可愛いしるんるん
全編で瞳が常に潤んでいた彼…(ただの寝不足exclamation&question

あ〜こんなにもドラマのストーリーに
触れてしまったのは初めてです。
やっぱり予想外にハマっただけあります。

日々、刺激が足りないという方は
このドラマとってもお薦めですよ〜グッド(上向き矢印)



posted by ソラ | おすすめ韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。